会社概要


社名 株式会社ランスロットグラフィックデザイン
オフィス 〒564-0043 大阪府吹田市南吹田5丁目15番9号
TEL / FAX TEL: 06-6192-1001/FAX:06-6192-1002
設立 2000年5月
代表取締役  道山 裕紀

デジタルプリントがインテリア業界を変革する。


皆さんは世界でどのくらいの壁紙が生産されているか知っていますか。

約45億㎡/年生産され、そのうちアジア圏で20億㎡/年生産されています。

アメリカなどは、ペンキを塗る文化なのであまり壁紙を使用しません。


世界三大壁紙使用国は、ドイツ・ロシア・日本(7億㎡)と言われています。

日本の住宅は、供給側が内装全て設計デザインするので、無難な真っ白い壁がほとんどです。

また最近の住宅では、昔に比べて窓が小さくなり、真っ白い壁の面積が大きくなっています。


世界に目を向けると、ドイツが日本と同じような環境で、部屋の壁が白で統一されています。

遊び心がなく全体的にハッキリしない空間にアクセントを付けるため、5年ほど前から壁の一面だけに柄物壁紙や写真などを貼るケースが増えてきました。

これが「アクセントウォール」と呼ばれる空間インテリアです。


日本でもホテルなどで、「アクセントウォール」を採用しているデザインが増えてきました。

今後は一般家庭でも急速に増加すると予想されます。


「アクセントウォールを使って、自分だけのオリジナルな空間を創って欲しい」

「季節ごとに空間を変化させたい」「自分にあったアーティスト作品を飾りたい」


自分だけの空間を創りたいと思っても、施工するのに時間と手間が掛かってしまいます(特に日本では)

職人さんに頼まなくても貼れる粘着剤などもありますが、何時間も空気にさらして乾かす必要があります、強粘着糊付きの商品は、位置合わせなど施工が素人では大変です。


我々が開発しましたウォールアートは、だれでも簡単に貼ったり剥がしたり出来る、特殊粘着体を使用していますので、素人の方でも簡単に施工できます。


メモ: * は入力必須項目です